売主様へ・・・

収益物件を売却される売主様においては、
  ・経済状態の悪化による売却
  ・相続が原因での売却
  ・売却益が目的での売却
以上以外にもさまざまな理由がございます。
いずれにしても、売主様の売却原因がどうであれ、媒介を依頼する不動産業者はあくまで売主様の物件を取引(媒介)することによる手数料報酬が目的です。ここで、宅地建物取引業者が土地、建物の売買で受け取ることのできる報酬の額を明示します。
 売買価格                 200万円以下       5%
200万円超〜400万円以下 4%+2万円
400万円超〜 3%+6万円

●●●●●ケーススタディ●●●●●

A不動産会社が売主様から1億円の物件の売却依頼を受け、媒介及び契約を成立させた場合の手数料報酬額は・・・

1億円×3%+6万円=306万円(税別)
上記のケーススタディは、売主様側の媒介業者の報酬額ですが、買主側の媒介業者が介在しなかった場合は不動産業者は売主、買主双方から報酬をもらう事ができます。
以上のことから不動産業者は何を考えるかというと、当然のことながら、売主様から売却依頼を受けた不動産業者は、自分で買主様を見つけ出し売却した方が良いに決まってますよね。

306万円+306万円=612万円(税別)
売主様が売却依頼をしても、その売却情報が他の不動産業者に広く伝わっていない可能性があるかもしれないということです。  
・「1日でも早く売却してくれ」とお願いしたから大丈夫!         ・知り合いの、昔からなじみの業者だから大丈夫!
・「まかせてください、広く情報を流して募集します」と言ってたから大丈夫!

★この大丈夫って本当に大丈夫ですか?
決してすべての不動産業者が、売主様の大丈夫を反古にしているとはいいません。
でも、そういうことが起こっても不思議ではないということを認識して、依頼する不動産業者の選定を行って下さい。
売主様の大切な財産です!売却される時もスムーズにいきたいですよね。 
当社では、ディスクロージャー(情報開示)を最重要命題に挙げ、お客様との信頼関係の構築に努力いたします。
当社では、売主様の疑問・不安等のご相談を無料で行っております。
どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。
どんな内容にも丁寧にお答えいたします。

お問い合わせは
 
収益売り物件の募集をしております。
全国の投資家様へ下記サイトより情報公開しております。

買主様をいち早く見つけたい、身近な人に知られずに
売却したい方、お気軽にお問い合わせください。



  買主様へ・・・

当社は、投資収益物件を専門に取り扱っております。
買主様におかれましては、インカムゲイン及び節税対策、ゆくゆくはキャピタルゲイン等さまざまな目的を持って購入されることと思います。
いずれにしても購入後は賃貸物件の所有者として、一つの事業に携わるという感覚を持たなければならないように思われます。
そこで当社は、買主様の立場に立って物件購入の際の留意点を、実際に収益物件を購入し運用している当社の経験則から、色々な角度からアドバイス出来ればと思っております。 

@良い物件と悪い物件の見分け方
A築年数と利回りの相関関係
B隠された中古物件のメリット・デメリット
C必ず失敗する購入者の条件とは
D新築と中古の購入時の税金、諸経費等の相違点    等々
 
 
 
当社は買主様の立場に立って物件の調査など、より買主様にとって有利な条件での物件購入のお手伝いを理想としております。
こと不動産取引においては専門的な知識が要求されると共に、正しい情報の伝達という観点から、当社ではディスクロージャー(情報開示)を最重要命題に掲げ、買主様の不安・心配等を出来る限り取り除く努力をいたします。
お気軽にお問い合わせ下さいませ。
どんな内容にも丁寧にお答えいたします。
★★★★お得な情報★★★★
土地は無いけど収益物件(アパマン)を購入したい方
土地は無いけど新築収益物件をお考えの方に土地付き新築収益物件のご提案をいたします。 
個別によりご提案内容に相違点が生まれる為、お気軽にお問い合わせ下さい。
どんな内容にも丁寧にお答えいたします。

中古物件にしても新築物件にしても、収益物件を購入し運用するという点においては、それが事業的規模であってもそうでなくても、ある程度の経営感覚が必要になるのは言うまでもありません。
とくに新築物件においてはその建築費が多額にのぼり、インカムゲイン(利回り)も中古に比べるとあまり期待できるものではありません。

この点を単純に解決するには、(新築収益物件の利回りを良好にするには)
・建築費を1円でも安くする。
・家賃設定を1円でも高くする。

この2点しかありません。

しかしながら、新築物件にはない大きなメリットが存在することも事実です。
その大きなメリットは、ここでは書ききれない部分と個別によりメリットの内容に相違点が生まれる為、お気軽にお問い合わせ下さい。 
どんな内容にも丁寧にお答えいたします。 

●新築物件を御購入の際の留意点をご紹介します。
建築メーカーさんは、都合の悪いことは聞かなければ決して答えてくれません
(あくまでメーカーによりますが)。
中古物件と違い、収益状況があらかじめ(購入前に)分からない。要するに、建築して募集してみないと分からない。
ついつい建築メーカーさんの、収益プランを言われるがまま承諾し建築に至ってしまう 
利回りのことも分からないまま、複数の業者の見積もりも取らないまま契約してしまうこともしばしば

表面利回りとは・・・   
投資した金額に対して儲けがどのくらい出るかをおしはかる指標のひとつです。物件の購入価格を分母とし、年間の賃料収入を分子として割り算して算出します。
年間賃料収入 ÷ 物件購入価格 = 表面利回り
価格交渉・家賃設定交渉が苦手、なんとなくしずらい。
どうすればよいか分からない等。          
 

不動産の有効活用及び資産設計についても
御相談を受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。 

 お問い合わせは
当然のことながら、個人情報保護法及び、守秘義務によりお客様の大切な情報はお守りいたします。